横浜型医療的ケア児者等コーディネータの研修生が来ました

1月28日に横浜市が現在養成を進めている医療的ケア児者等コーディネータがクリニックに研修に来ました。

横浜市のこども青少年局障害児福祉保険課をはじめとする4課と横浜市医師会が協働で進めている事業で、昨年よりクリニックで研修を受け入れております。

研修生は、クリニック開業して1年余りしたころから現在までの約10年間とてもお世話になっている旭訪問看護リハビリステーションの方で、クリニックの訪問診療に同席されることも多々あり、クリニックの患者様達もこの方の計画相談支援をしてもらっていたりと顔なじみの方です。

医療的ケア児者コーディネータの仕事は、医療・福祉・教育等の関係機関からの相談に対して助言を行います。相談内容は、医療的ケア児者等の必要な地域の社会資源の情報提供などです。また、医療的ケア児者等に応じてアセスメントをしたり、調整やマッチングを行います。これらを通して多職種が連携した支援体制を構築し、ご家族の負担を軽減するのが仕事です。

 

2020年01月29日