シンポジウム「大切な人を見送るということ」に参加してきました

 

 

2月1日に瀬谷公会堂で、瀬谷区の医師会、訪問看護ステーション連絡会、ケアマネット、主任ケアマネージャー部会、在宅医療相談室の共催で、看取りと家族支援、グリーフケアをテーマに、映画上映会とシンポジウムが行われました。このシンポジウムにシンポジストとして参加させて頂きました。

映画は「ピア~まちをつなぐもの~」という訪問診療医とケアマネージャーはじめ多職種で患者様を支える映画でした。そしてシンポジウムは「大切な人を見送るということ」という内容で、シンポジストは医師、看護師、ケアマネ、施設管理者や家族会代表者の方々で普段一緒に活動している仲間たちでした。このように瀬谷区でも、在宅医療や介護に関わる多職種のチームで患者様とご家族を支えております。


2020年02月04日